潤い不足で開いた毛穴は徹底保湿ケア

開いた毛穴は保湿で改善!

毛穴が開いたり、たるんだり…このような毛穴トラブルの根本的原因は肌の潤い不足になります。毛穴の広がりが気になりだすのは主に20代後半あたりから。10代の頃と違って肌質も変わり皮脂の過剰分泌も安定してきます。でも、間違ったスキンケアや潤い力の少ない化粧品を使っていると乾燥に悩まされることに。

開き、たるみんだ毛穴には対応した化粧品を使ってスキンケアに望むことが早期解決のための近道。毛穴の広がりは年齢を重ねるほどに深刻化されてきますので少しでも異変を感じたら毛穴対策をしていくことが大切です。毛穴ケアで大切なのが日頃から行うデイリーケアです。汚れを落として、水分を与えて閉じ込める。正しい方法でスキンケアを行うことで細胞のコラーゲンも増えてキメも整われてきます。

化粧品選定を間違えるといくらケアしても毛穴が小さくなることはありません。正しい知識と毛穴、肌細胞に働きかけて水分保持を強力に行ってくれる化粧品を選ぶようにしましょう。


毛穴を引き締めて潤いを満たす!引き締め化粧品特集

米肌 KOSE・米肌
セラミドを生み出し高保湿!厚生労働省が認可

潤い不足からくる毛穴トラブル。よく間違えるスキンケアでは洗顔後に化粧水だけで済ませてしまう人がいます。これは大きな間違いで、化粧水だけでは保湿になりません。化粧水の大半は水が主成分です。すぐに乾いて乾燥を招きます。毛穴を引き締めるためのステップは【汚れを落とす】【化粧水で水分を与える】【蓄えた水分を保湿して保つ】といった手順になります。

正しい毛穴ケアを肌潤セットなら誰でも簡単に実践することができます。ハリ、ツヤ、潤いもアップして外側と内側から肌にアプローチして目立たない毛穴に導きます。

肌潤が他と違うポイントは配合されている成分。ライスパワーと呼ばれる米抽出エキスを使っていることです。特にライスパワー№11は水分保持機能を改善できる成分として医薬部外品の認可をもらっています。コーセーの技術力によって角層のすみずみまで浸透して潤いを満たす機能性の高い化粧品です。

草花木果 草花木果透肌・竹
450万本以上!売れている毛穴化粧品

年齢肌、乾燥した肌になってくると古い角質が溜まってきます。この角質、実は毛穴を押し広げている大敵でもあるのです。通常の角質はターンオーバーといった肌の循環サイクルによって約28日を境にして古い角質と新しい角質が入れ替わります。しかし、加齢、乾燥を重ねるとターンオーバーされる周期が遅れてきて徐々に古い角質が蓄積されてきます。

蓄積された角質は毛穴の周囲を広げて毛穴にも詰まります。この古い角質が溜まるのも潤い不足によるものなんですよね。そこで保湿と角質ケアができる毛穴化粧品が草花木果の透肌スキンケア(竹)です。

科学合成された成分ではなく自然派由来の肌に優しい成分によって負担をかけずに潤いと角質に働きかけてくます。竹エキス、アミノGTなどが角質除去をサポートして、清潤環植物成分、関平温泉水が潤いと肌に必要なミネラルを届けてくれます。

ビーグレン ビーグレン毛穴対策セット
大人のための毛穴対策化粧品

すり鉢状に開いた毛穴、角質が詰まって黒ずむ毛穴、老化によってたるんだ毛穴。大人の毛穴トラブルに対して4ステップを得て改善に導く化粧品がビーグレンの毛穴ケアセット。

ターンオーバー周期の遅れ、潤い不足による過剰な皮脂、角質肥厚。年齢による弾力の減少など毛穴を開かせる全ての原因にアプローチすることが可能。洗顔、化粧水、美容液、クリームといった徹底した乾燥対策を行うことで毛穴トラブルに打ち勝ちます。

ビーグレンが選ばれる理由の一つにスキンケア製品の浸透性を変えた国際間特許取得のQuSome(キューソーム)といった浸透テクノロジーがあります。有用成分を皮脂に近い超微小のカプセルに凝縮して本来では到達しにくい角層の深くまで浸透させる技術によって効果の高いスキンケアを実現しています。

間違っている保湿ケア【ただちに化粧品の見直しを!】

保湿ケアも一歩間違えると肌の乾燥を悪化させるものになります。今だに保湿は「水分を与えて油分でフタをする!」といった考えの場合は危険です。下記のような間違った保湿ケアを行っている場合はすぐに化粧品の見直しをして正しい毛穴対策を行っていきましょう。

化粧水のつけすぎはダメ! 洗顔後は化粧水をジャバジャバ…

一般的な化粧水は水が主原料となっています。すぐに蒸発して保湿作用の効果はほとんどないと思いましょう。イメージとしてはティッシュに水を含ませて乾燥させるカピカピになると思いますが、肌でも同様のことが起きていると思ってください。1日に何度も化粧水を重ねるほど、肌は乾燥していきます。


シートパックも同様にNG シートパックでの保湿ケア

化粧水を浸透させたシートパックやマスクも同様に化粧水ではすぐに蒸発して乾燥を招きます。パックをするのであれば泥パックなど毛穴汚れを落とせて新陳代謝を活発化させるもののが方が毛穴も綺麗で血行促進にも繋がります。化粧水ベースのパックはやめるようにしましょう。


乳液やクリームだけでの保湿はNG 乳液やクリームでフタをする

乳液やクリームは油分で構成されています。最初に述べたように油分で水分にフタ!は古い考え方です。化粧水で与えた水分を正しく保持するにはセラミド、ヒアルロン酸、ライスパワーのような保湿成分が水分を閉じ込めて維持してくれます。ここは勘違いしている人が多いので油分ではなく保湿成分を与えましょう。

毛穴が目立ってくるとファンデーションが毛穴に落ちる。汚れが溜まりやすいといった症状が現れてきます。また触ってみるとザラザラ、ゴワゴワしていたり、近くで他人に肌を見られたくありませよね。即効性のある毛穴の引き締めを行うには専用の基礎化粧品を使って集中ケアすることが大切。毛穴の開きやたるみ、帯状毛穴といったトラブルには保湿効果が高くて収れん作用もある化粧品がベスト。たくさんありすぎる化粧品の中から毛穴トラブルを解決する本当に良い基礎化粧品を調べました。抗酸化作用もあってシワやたるみにも効果的です。30歳からの毛穴トラブルに最強の化粧品をご堪能ください。