たるみ毛穴の原因は肌老化による「ゆるみ肌」

毛穴引き締め化粧品特集はこちら

年齢を重ねるとどうしても肌がたるんだり、ゆるんできたりします。その証拠にシワが深くなったり、目尻、法令線のシワもより目立つようになってきます。同じように毛穴もたるんだ皮膚に引っ張られるのです。これがたるみ毛穴ができる大きな原因。そして肌がたるむのは角層深くにある真皮と呼ばれる層にあるコラーゲン細胞、セラミド、エラスチンといった肌を支える繊維が減少してきているから。

肌のハリや弾力を支える細胞というのは体内で産生されるもの。しかし年齢を重ねるとその産生活動が悪くなってきます。主に30代~40代にさしかかるとハリや弾力が著しく低下するようになります。

そこで肌細胞にアプローチして体内産生を修復するケアを取り入れてあげると肌がふっくらしてたるみ毛穴の引き締め効果、予防にも繋がります。ここで重要なポイントとなるのがビタミンC誘導体&保湿です。

ビタミンC誘導体は浸透させることでコラーゲンを増やす働きがあります。そしてコラーゲンは水分を閉じ込める作用もありますので保湿ケアして肌の乾燥を防ぐことがハリ、弾力を修復する秘訣。ビタミンC誘導体の刺激が強いと感じる場合は似たような働きをする成分を含んだ化粧品を使うことでカバーしていきます。

たるみ毛穴から発展する帯状毛穴

帯状毛穴とは毛穴同士が連結してシワのように見えてしまう毛穴トラブルです。

帯状毛穴になってしまうって深くなってくるとセルフケアではどうにもならないとされています。本気で改善していくなら美容外科、皮フ科にお世話になり集中的な治療が必要。特に40代辺りから帯状毛穴に気づくケースが多いです。

帯状毛穴はいきなりできるワケではなく、たるみ毛穴から段階を踏んで変化していきます。できるだけたるみ毛穴の段階でしっかりと予防ケアをしておかないと後で痛い目を見てしまいます。やはり毛穴ケアを集中的に行っていくなら肌の曲がり角とも言われる30歳前後を境にして力を入れていくことがベストになります。専用の基礎化粧品を活用して年齢を感じない肌作りをしていきましょう。

 毛穴引き締め化粧品ラボへ戻る